• TOP
  • 消防設備工事・点検一覧

消防設備工事・点検一覧

スプリンクラー設備の設置工事

スプリンクラー設備設置工事

料金:98,000円~

スプリンクラー設備は天井面に設けた配管にスプリンクラーヘッドを
取付け、火災が発生するとヘッドの感熱部分が熱により破壊され、
自動的に散水して消火するとともに警報を発する
固定式の消火設備です。

スプリンクラー設備は他の消防設備に比べてコストはかかりますが、
火災時の安全を図るにはとても機能的といえます。

火災報知設備の設置工事

火災報知設備設置工事

料金:30,000円~

自動火災報知設備は感知器により火災の初期段階に、熱・炎・煙を
いち早く感知し、火災の発生を受信機に表示し、
かつ警報を発することにより火事を知らせる設備です。

消防法に基づき、間取りや物件の形態によって、
取付けする位置や必要な個数が変わります。
カラオケ店、ネットカフェや旅館、ホテル、宿泊所
宿泊を伴う老人入所施設等はどのような場所であっても
自動火災報知設備の設置が義務付けられています。

消防定期点検

消防用設備定期点検

料金:1室3,000円~

防火対象物の管理者は防火管理上必要なものについて、
定期的に点検し所轄消防署に報告する義務があります。

定期点検には「防火対象物点検」「消防用設備点検」の2種類があります。

それぞれ点検する項目は様々で、
有資格者による点検と定められた回数の消防署への報告が必要です。

誘導灯の設置工事

誘導灯設置工事

料金:25,000円~

火災の非常時に、避難口、避難経路、避難方向を灯火により表示し
安全に避難口に誘導するための設備です。

避難口誘導灯と通路誘導灯は表示面の大きさや明るさの違いで
分けられており防火対象物の用途、規模に応じて
消防法により設置方法が定められています。
階段や客席の為の誘導灯は床面の明るさも確保する必要があります。

避難器具の設置工事

避難器具や避難梯子の設置工事

料金:150,000円~

避難器具とは、火災が発生した際に地階または二階以上の階にいる人が
逃げ遅れた場合に備え避難階まで到達するためのものであり、
その使用により人命の安全を図ります。

種類として
・避難はしご
・救助袋
・緩降機
・避難用タラップ 等
があり、どの避難器具を設置するのかということ
それぞれの避難器具の構造や強度、設置場所、設置個数は
法律で定められています。

非常警報設備の設置工事

非常警報設備やベル、サイレンの設置工事

料金:100,000円~

非常警報設備は、火災を発見した人が火災の発生を防火対象物内の物に知らせ
初期消火や避難を円滑に行うための設備です。

放送設備と非常ベル、放送設備とサイレンのいずれかで
構成されており、多くの人が出入りする施設には
設置が義務付けられています。

非常ベル、サイレンの設置場所と放送設備の設置場所については
それぞれ異なる規定があります。
設置基準に合わせて設置しなければなりません。

対応エリア 関東近郊1都6県

無料見積

消防設備別料金一覧

施工協力企業様募集!

業者選定で気をつけるべき5つのポイント

  • 株式会社SOU開発

    運営会社コーポレートサイト
  • eco loop

    原状復帰工事専門サイト