スプリンクラー設備の設置工事

スプリンクラー設置工事の概要

建築設備定期検査

料金:98,000円~

スプリンクラー設備は天井面に設けた配管にスプリンクラーヘッドを取付け、火災が発生するとヘッドの感熱部分が熱により破壊され、自動的に散水して消火するとともに警報を発する固定式の消火設備です。スプリンクラー設備は他の消防設備に比べてコストはかかりますが、火災時の安全を図るにはとても機能的といえます。

スプリンクラー設備の設置工事 料金表

新規でスプリンクラー設備を設置するパターン、
改修工事でスプリンクラー設備を移設・増設するパターン
の料金をご案内致します。

取付個数や間取りによっても費用が異なりますので、詳細料金のお見積もりを希望される方は
 (無料見積フォームよりお問い合わせください。

設置個数 施工費用 届出費用 合計
新規(100㎡) 15台 1,500,000円 70,000円 1,570,000円
改修(移設) 2台 200,000円 50,000円 250,000円
改修(増設) 1台 300,000円 50,000円 350,000円

スプリンクラー設備 お見積時のポイント

☆スプリンクラー設備設置工事を行うにおいて作業時間に制限はありますか

☆点検口はありますか

☆図面はありますか

☆消防署への届け出書類はありますか

スプリンクラー設備 設置の流れ

①スプリンクラーヘッドの取付位置と設置個数の算定

算定図
スプリンクラー設備は部屋の広さや間取り等によって、設置すべき個数が異なります。
消防テックでは専門スタッフが採寸、設計し、
設置位置、設置個数を算定します。

②消火設備の設計・配管系統図の作成・所轄消防署へスプリンクラー設置工事着工届の提出

工事着工届
スプリンクラー設備は水を使用するため、配管の系統図も作成する必要があります。
作成した図面や概要表、配管系統図等を持って所轄消防署へ着工届を提出します。
煩雑な事務作業も慣れたスタッフが確実かつスピーディーに行います。

③配管工事

配線
天井裏へ配管を通していく作業です。
スプリンクラー設備を設置する箇所に合わせて施工する必要があります。

④スプリンクラーヘッド等、設備の取付

ヘッド
スプリンクラー設備と配管、ポンプユニットを接続する作業です。
接続が完了したら空気による圧力のテスト、水による水漏れが発生しないかのテストを行います。

⑤所轄消防署へスプリンクラー設備設置届の提出

設置届
図面や概要表、配管統計図を持って所轄消防署へスプリンクラー設備設置届を提出します。
その後、消防署の検査が終了し、作業は完了です。

対応エリア 関東近郊1都6県

無料見積

消防設備別料金一覧

施工協力企業様募集!

業者選定で気をつけるべき5つのポイント

  • 株式会社SOU開発

    運営会社コーポレートサイト
  • eco loop

    原状復帰工事専門サイト