福祉施設のモデルプラン

CASE1:既存の養護老人ホームにスプリンクラーを設置する場合

延べ面積 150㎡
スプリンクラーヘッドの個数 20個
施工所要時間 3ヶ月
施工費 270万円
(配管工事費+スプリンクラーヘッド取付費+材料費
+消防署・水道局申請費)

施工の主な流れ

既存の老人ホームにスプリンクラー設備を設置する場合

  1. Step1

    現場調査
    設計図作成
    消防署との打合せ
    水道局との打合せ
  2. Step2

    スプリンクラー専用
    配管工事
    ヘッド取付
  3. Step3

    消防検査
    水道局・消防署への届出
    検査立ち合い
    引き渡し
平成27年4月の法改正(※1)で養護老人ホームのすべてにスプリンクラー設備を設置するよう義務付けられました。
既存の養護老人ホームにスプリンクラーを設置する場合、天井裏に配管できるか、露出の配管になるか
口径のサイズ等によって施工内容や費用が異なります。

上記の例は、水道直結型スプリンクラーで天井裏に配管を組むスペースがある場合のモデルプランです。

消防テックでは、各施設の状況に応じて最適なプランを提案させていただきます。

※1 275㎡未満の6項(ロ)に掲げる防火対象物についてスプリンクラー設備設置基準の変更がありました。
老人短期入所施設・有料老人ホーム等、避難が困難な要介護者を主として入所又は宿泊させる施設と
乳児院については全ての施設にスプリンクラー設備を設置しなければならず、
救護施設・障害児入所施設・障害者支援施設・短期入所施設・共同生活援助施設の介助がなければ避難できない者を
概ね8割以上入所させる施設については、全ての施設にスプリンラー設備を設置しなければならないことになっています。

CASE2:既存の障害者入居施設に自動火災報知設備を設置する場合

延べ面積 250㎡
特定小規模施設用自動火災報知設備の個数 15個(親機、子機含)
施工所要時間 2日
施工費 50万円(電源工事費+機器取付工事費+材料費+消防署申請費)

施工の主な流れ

既存の障害者入居施設に自動火災報知設備を設置する場合

  1. Step1

    現場調査
    設計図作成
    消防署との打合せ
  2. Step2

    電源工事
    設備機器の取付
  3. Step3

    消防検査
    消防署への届出
    引き渡し
平成27年4月の法改正で5項(イ)※1 のすべてと6項(イ)※2・(ハ)※3 の入居、宿泊させるものすべてについては
自動火災報知設備を設置するよう義務付けられました。
既存の障害者入居施設に自動火災報知設備を設置する場合は、延べ面積と部屋数等によって
施工内容や費用が異なります。

上記の例は延べ面積が300㎡未満、かつ特定小規模施設用自動火災報知設備が最大で16個の設置で
基準を満たす場合のモデルプランです。

消防テックでは、各施設の状況に応じて最適なプランを提案させていただきます。

※1 5項(イ)…旅館・ホテル・宿泊所・その他これらに類するものすべて
※2 6項(イ)…病院・診療所・助産所(入院するところは全て)
※3 6項(ハ)…老人デイサービスセンター・保育所・通所障害者福祉施設等(入居するところはすべて)

対応エリア 関東近郊1都6県

無料見積

消防設備別料金一覧

施工協力企業様募集!

業者選定で気をつけるべき5つのポイント

  • 株式会社SOU開発

    運営会社コーポレートサイト
  • eco loop

    原状復帰工事専門サイト