避難器具の設置工事

避難器具 設置工事の概要

避難器具や避難梯子の設置工事

料金:130,000円~

避難器具とは、火災が発生した際に地階または二階以上の階にいる人が
逃げ遅れた場合に備え避難階まで到達するためのものであり、
その使用により人命の安全を図ります。

種類として
・避難はしご
・救助袋
・緩降機
・避難用タラップ 等
があり、どの避難器具を設置するのかということ
それぞれの避難器具の構造や強度、設置場所、設置個数は法律で定められています。

避難梯子等は、平成4年以前は鉄製のものが多く錆びつきやすく
使用できなくなっているものが多くあります。
定期点検の際に必ずチェック項目を確認するようご注意ください。

現在はステンレス製が一般的になっていますが、定期的に点検をする義務があります。
点検して不備があった場合や、一定期間を超えると交換します。

避難器具 料金表

ハッチ付避難梯子の場合

避難器具(ハッチ付避難梯子)の設置を想定した場合の参考料金です。
避難器具を新しいものに交換するパターンをご案内致します。

新規で避難器具を設置を希望される場合は、躯体に穴をあける作業が入る可能性がありますのでご相談くださいませ。

 ※避難器具以外の設備を設置する場合で詳細料金のお見積もりを希望される方は
    (無料見積フォームよりお問い合わせください。

設置個数 施工費用 届出費用 合計
新規
改修 1台 130,000円 130,000円
交換 1台 130,000円 130,000円
※届出費用については検査なしの場合です。

吊り下げ式避難はしごの場合

避難器具(吊り下げ式避難はしご)の設置を想定した場合の参考料金です。
新規で避難器具を設置するパターン、個数は変えずに避難器具を新しいものに交換するパターンをご案内致します。

※避難はしごの種類や、階高等によっても費用が異なりますので、詳細料金のお見積もりを希望される方は 
 (無料見積フォーム)よりお問い合わせください。
設置個数 施工費用 届出費用 合計
新規 1台 70,000円 50,000円 120,000円
改修 1台 70,000円 70,000円
交換 1台 70,000円 70,000円

避難ロープの場合

避難器具(避難ロープ)の設置を想定した場合の参考料金です。
新規で避難器具を設置するパターン、個数は変えずに避難器具を新しいものに交換するパターンをご案内致します。

※避難ロープの種類や、階高等によっても費用が異なりますので、詳細料金のお見積もりを希望される方は 
無料見積フォーム)よりお問い合わせください。

設置個数 施工費用 届出費用 合計
新規 1台 50,000円 50,000円 100,000円
改修 1台 50,000円 50,000円
交換 1台 50,000円 50,000円

緩降機の場合

避難器具(緩降機)の設置を想定した場合の参考料金です。
新規で避難器具を設置するパターン、個数は変えずに避難器具を新しいものに交換するパターンをご案内致します。

緩降機の種類や、階高等によっても費用が異なりますので、詳細料金のお見積もりを希望される方は 
無料見積フォーム)よりお問い合わせください。
設置個数 施工費用 届出費用 合計
新規 1台 220,000円 50,000円 270,000円
改修
交換 1台 220,000円 220,000円

避難器具設置 お見積時のポイント

☆避難器具設置工事を行うにおいて作業時間に制限はありますか

☆消防署への届け出書類はありますか

避難器具(避難梯子) 設置の流れ

①避難器具(避難梯子)の採寸

②ハッチの注文・納品

③取付

④所轄消防署へ避難器具設置届の提出

sample
概要表、試験結果報告書等を持って所轄消防署へ避難器具設置届を提出します。
その後、消防署の検査が終了し、作業は完了です。

対応エリア 関東近郊1都6県

無料見積

消防設備別料金一覧

施工協力企業様募集!

業者選定で気をつけるべき5つのポイント

  • 株式会社SOU開発

    運営会社コーポレートサイト
  • eco loop

    原状復帰工事専門サイト