• TOP
  • 新着情報一覧
  • ブログ更新しました!「消火器交換&自動火災報知器・誘導灯・消火器設置」

ブログ更新しました!「消火器交換&自動火災報知器・誘導灯・消火器設置」

2016年05月06日

先日、ある修道院の消火器交換をしてきました。
数は、3フロア分+屋上にあるエレベーターの機械室分を合わせて27本です。


まず、設置されてある消火器の型番を見ながら設置場所の確認です。
事前にもらっていたリストのおかげで、ほとんどの設置場所は確認できたのですが
1カ所だけなかなか確認できず少し大変でした。

次に、新しく設置する消火器の型番と設置場所をチェックし
点検しながら、置いていきます。

また、同時に消火器を置くスタンドが破損などしてないかも確認しました。
スタンドが破損などしていると点検時に引っかかってしまう可能性があるので注意しましょう。


今回、交換した全ての消火器を加圧式から蓄圧式に変えました。
加圧式の消火器は、腐食や劣化で破裂して
怪我をしたり死亡する事故も起きています。
安全性が高くお年寄りや女性にも使いやすい蓄圧式に変えてみてはいかがでしょうか?
当日は、大田区に新規オープン予定のグループホームに
自動火災報知器・誘導灯・消火器も設置致しました。


今回、誘導灯を設置した天井裏はとても高く配線を
全て見えないように通す事が出来て見た目もスッキリです。

自動火災報知器は特定小規模施設用自動火災報知器の
連動式無線型警報機能付感知器を使用しました。
受信機も配線も必要としない感知器で、火元の部屋で感知をすると
他の部屋の全ての感知器も連動して危険を知らせてくれる感知器です。

誘導灯同様、配線が露出にならないかを心配されていたので
無線式感知器を使う事でお客様に大変ご満足いただけました。
「消防テック」ではこのような感知器が適用できる場合は
プランの一つとしてご紹介させていただきます。


300㎡未満の病院、診療所、デイサービスなどで
利用者を入居または宿泊させるもの、旅館やホテルなど
小規模施設に対応した感知器なので設置を考えている方は弊社にご相談くださいませ。


加藤

対応エリア 関東近郊1都6県

無料見積

消防設備別料金一覧

施工協力企業様募集!

業者選定で気をつけるべき5つのポイント

  • 株式会社SOU開発

    運営会社コーポレートサイト
  • eco loop

    原状復帰工事専門サイト